Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






炭焼地鶏の店 らくだ山
 熊本にある地鶏のお店。
 阿蘇へ向かう手前、高森というところにある。このあたりは田楽のお店も有名。

 メニューは基本的に地鶏焼きのみのシンプルさ。
 地鶏焼きとご飯、お味噌汁、卵がついて1600円。地鶏焼きは男性でも満腹!な量。足りなければ単品で追加することも可能です。




 囲炉裏を囲んで炭火でのんびり焼いていると、とってもいい匂いがしてきます。
 お醤油が2種類あって、普通のとニンニク醤油。何もかけなくても、味がシッカリ染み込んでいるんだけど、ニンニク醤油をかけるとまた違った美味しさ!
 ご飯はあわご飯で、一緒についている卵をかけて食べるのも美味しいの。オススメです。


rakuda




  熊本県阿蘇郡高森町村山2693
  0967-62-0084
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=グルメ情報!! - ジャンル=グルメ

【2006/03/23 11:56】 | [JAPAN]EATING/DRINKING | トラックバック(0) | コメント(1) | top↑






Ferrari SHOP in 新天地。
<2005 F1中国GPツアー/2005 10 15>

 

 東方明珠塔から新天地へ移動。
 何かを目的にして来るわけではないんだけど、新天地の雰囲気はけっこう好きです。

shintenchi



 でも、今回はF1開催期間中ということもあって、なにやらF1色が強かった。

machine_shintenchi


 メルセデスのマシンが飾ってあって、なかなかカッコ良かったです。
 昨年の中国GPはやたら、フェラーリが多かった気がするのに、今年はチームの不振もあってか、さほどクローズアップされていない様子でした。
 夕方5時過ぎくらいにウロウロしていたら、予選帰りの人たちが新天地に大量に現れはじめた・・・。


 
 そうそう。フェラーリと言えば、秘かに探していたフェラーリショップを発見☆

ferrarishop1


 新天地の街路部分から少しだけ外れた場所で、タクシーに乗ってホテルに帰る途中に発見して、慌ててタクシーを降りました(←バカ・笑)。

 店内は当然のことながら、フェラーリ!フェラーリ!!フェラーリ!!!でございます。
 店内でディスプレイの写真を撮ろうとしたら、ダメだと言われたのでウィンドゥ越しにパチリ☆としてきました。

ferrarishop2



 ミニカーからTシャツまで色んなグッズが揃っていて、中には子供用にレゴの商品もあった。
 子供の頃からフェラーリへの憧れを植えつける作戦でしょうか。

 帰国後、ミニカーのコレクションをしている美容師のKさんにフェラーリショップへ言ったと話をしたら、「なんで買ってきてくれんかったんよ?!」と悲しい目で言われました・・・。
 今度は買って帰ることにします。

 そうそう。併設のフェラーリカフェがなにやら、オシャレな雰囲気でした!今度、上海へ行く時には行ってみよう。


------------------------------------------------------------

テーマ=中国旅行 - ジャンル=旅行

【2005/12/15 17:48】 | [CHINA] SOMETHING | トラックバック(0) | コメント(2) | top↑






F1 中国GP。
<2005 F1中国GPツアー/2005 10 16>


 いよいよ!です。
 前日、飲み過ぎた父を叩き起こしました。しかし本人は何ひとつ覚えていない様子・・・。でも、「ママが一緒だったら離婚されるかも~」なんて言っていたし、そこそこ記憶が残っていたのかもしれません・・・。


 ひとまず、父がゴルフ場に行って忘れ物を取りに行きたいと言うので、行きました。
 タクシーで1500円くらい??ホテルの前で捕まえたタクシーの運転手は最初ウザそうにしていましたが、行き先を聞いて目の色を変えていました・・・。しかもゴルフ場に行った後に、サーキットに行って欲しいと言うと、さらに目の色が変わりました・・・。古今東西、一緒です(笑)。

 連れて行かれたのは上海ゴルフ。
 日本のゴルフ場より広そう!!OBなんてなさそうです(笑)。
 中途半端な時間だったけど、少しお茶して行きました。カツサンドがけっこう美味しかったです!

 さて。上海の街の中ならおまかせ!なタクシー運転手も郊外はサッパリ・・・なようで、迷い迷いなんとかサーキット近くにやってきました。
 しかし・・・かなり手前で降ろされる・・・。運転手はグランドスタンドの客だということをアピールしてくれていたみたいだけど、ダメだった様子。。。


 ひたすら歩く。

 circuit1



 遠い・・・。
 遠すぎます。
 でも、サーキットが見える前に10分以上歩いた。

 ようやくゲート前に到着。

 
circuit2


 ここまで徒歩で健康なワタシとゴルフボールが足元になかったら文句が多い父の2人で約20分。

 遠いんじゃ!!

 
------------------------------------------------------------

テーマ=中国旅行 - ジャンル=旅行

【2005/10/16 13:15】 | [CHINA] SIGHTSEEING | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






東方明珠塔
<2005 F1中国GPツアー/2005 10 15>


 
 上海へ行き始めた時には間違いなく、ありませんでした。
 しかし・・・建設されて以降も、遠目に見ることはあっても、近くのホテルに泊まっても行くことなく過ぎて10年以上が経過。
 今回、初めて行きました。
 ウチの父も毎月中国へ行っているくせに、ちゃんとタワーの展望台に上がったのは初めてだそうです(笑)。親子してダメですね。

 
tower1



 下から見上げるとさすがに大きいです。
 東京タワーも20年近く前に行ったきりなので、比べることはできないけど、きっと大きいのでしょう。
 
 入場料はてっぺんまで行くためには、なんと100元、日本円で1300円。
 日本人の感覚なら、安くないけど高くもないんでしょうが、中国人の労務者にとっては安くありません。なのに、人で溢れていました。日本人は少なくて、中国語が行き交います。
 父曰く、台湾人や香港人もたくさんいるけど、上海人なども多いみたいです。
 
 しかし・・・高いタワーの宿命で、てっぺんの展望台に登るエレベーターに登るために1時間以上の待ち時間。。。
 キレそうな親子、2人。
 

 tower2



tower3



 老上海の街並みも、近代的な浦東地区の街並みもどちらも上海。
 

 
 最後に。

 カフェで食べたケーキは某量販パンメーカーの味に似ていました(笑)。

 
 tower_cake



 
------------------------------------------------------------

テーマ=中国旅行 - ジャンル=旅行

【2005/10/15 14:16】 | [CHINA] SIGHTSEEING | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






南翔饅頭店。
<2005 F1中国GPツアー/2005 10 15>

 
 フラフラしながらも、豫園に辿り着くと、人、人!!

 何なんでしょう・・・この人の群れは。いったい何処から現れるのか??と思わずにはいられないほどの人ごみ。
 さすが中国。
 決して日本人ばかりなんかじゃございません。韓国人もいるようで、あとは台湾人や香港人もいるみたい。でも、ワタシには違いがイマイチつかめません。
 有名な九曲橋の上にも人だらけ。

yoen


 さて、豫園に来た目的は小龍包で有名なお店!南翔饅頭店。
 お店は橋の近くにありますが、こちらも人だらけ。
 物凄い列!!
 上海に何度も来ているくせに、観光地に疎い父と二日酔いのなおぽんは暫く気付かずに並んでしまいましたが、実はこの長い列はテイクアウト用の列で、イートインの場合はその奥にある階段を上がり、並びます(笑)。
 
 以前来た時にはなかったと思うんですが・・・お店は小グループ用の席が新しくできていました。
 おかげで、少し回転が早くなった気がします。
 待つこと約30分。
 2日酔いからの復活しきれず、親を立たせて座って待っていた不孝者のワタシ・・・。サイテーですね(笑)。

 
 席に案内されても、イマイチ気分が乗らなかったため、オーダーは父におまかせ。
 普段のワタシなら考えられない行動です。
 

 普通の豚肉の小龍包とフカヒレの小龍包、大きなスープを楽しむためのお饅頭、松茸のスープをオーダー。
 父はビールを頼んでいましたが、流石にワタシは迎え酒をする気にはなれず普通にお茶を頼んだ。

 まず運ばれてきたのは、小皿に盛られた針生姜。これを手元の小皿にとり、醤油と黒酢で自分好みのタレを作ります。
 黒酢っていうのがポイントです。中国に来るといつも感じるんだけど、黒酢が普通に出てきます。日本で食べると違和感を感じるんだけど、中国のやや脂っぽい料理を食べるにはピッタリ!

 大きなお饅頭が運ばれてきて、てっぺんにストローが刺してあります。
 
nansho2


 このストローから吸うスープが最高!!
 さっきまで、「うぅ~っ」と唸っていたワタシですが、スープを一口飲んで暫くすると、なんだか回復しちゃいました(笑)。
 よ~し、何でもこい!!

 nansho3


 豚肉の小龍包が運ばれてくる。

nansho3



 熱々の小龍包をレンゲにとり、黒酢につける。熱々のスープでやけどしてしまわないように、箸の先で少し皮を破って薄い皮を破るとジューシーな汁がレンゲにあふれる。
 そこを一口。
 美味しい!
 豚肉の旨みが口の中いっぱいに広がる。
 少しずつ冷めてくると、薄皮を破らなくても全て丸ごとのジューシーさを味わえる。
 

 続いて松茸入りのスープ。
 もう、え??こんなに?!いいのと、思えるくらい、スープの中に松茸が入っています。

nansho4


 このスープが美味しい。
 日本料理はダシが基本なんて言われますが、中国でも料理の基本はスープです。これが美味しくないと、スープが美味しくない。
 松茸は小ぶりながら、これでもか!というほど入っているので、食べ応えもアリ。満足です。
 日本でお吸い物に申し訳程度に入っている松茸とは量が違います。
 

 結局、復活して季節限定の松茸の小龍包などを食べました(笑)。

 お値段は普通の小龍包が20元だったかな・・・。松茸の小龍包が90元くらい。松茸のスープは50元くらい。1元13円くらいなので・・・安いです。
 ちなみに、1階のテイクアウトだと小龍包は8元。
 
 
 とっても有名なお店なので、いまさら紹介は不要かもしれませんが、いちおうお店のデータを下記に載せておきます。


住所: 上海市豫園老路85号
TEL : 021-6326-5256
 
------------------------------------------------------------

テーマ=中国旅行 - ジャンル=旅行

【2005/10/15 11:51】 | [CHINA] EATING/DRINKING | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。